くりお Room!
ちょい思った事、考えた事、感じた事を書いていきたいと思います。 40半ばでのブログ、どうなるやら…。
FC2カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



プロフィール

くりおおじさん

Author:くりおおじさん
昭和37年生まれ一人親方の下請け屋さん。
鼻息でも倒れちゃう弱小自営業。いじめないでー!
神奈川県の米軍飛行場の近隣に在住。
妻1人、子供三人、デブヨークシャーテリア1匹。
俺もデブ。いや、氷河期に備えている。くるしー。
妻の母、乳癌で玉川温泉にポチポチ湯治に連れて行く。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・玉川温泉湯治の旅
今回のバーちゃん湯治で、私にとってとてもうれしい事がありました。それは、
わいはまーるの運営者、よしさんが会いに来てくれる事です!
   http://www5e.biglobe.ne.jp/~yoshi-s/
事前によしさんからメールを入れていただき、
わざわざ私たちの為に休みまで取っていただきました。
よしさん、本当にありがとうー!メールいただいた日は興奮して眠れませんでした。
こんな興奮したの何年ぶりかな。

新玉川温泉到着2日目の朝、10時から10時30分くらいに新玉川温泉のロビーで待ち合わせ。
これってとむさんが新玉川で2002年6月17日にとむさんとよしさん御一行様と待ち合わせた場所ですよー。
なんかとむさんの本に入ったのか、本から飛び出したのか妙なうれしさ。
正直、雲の上の人にお会いする様な気持ちでした。

新玉川温泉、玄関ロビーの入口で緊張しながら待ってると、
『くりおさんだとすぐわかった』と握手。
すらりと背の高い柴田恭平似の男性がにこりと微笑んで話しかけてきました。
頭には青いターバンが巻かれた麦藁帽子、白の薄手のジャケット、
ひょいとかついだ黒のディーパック。
なかなかのオシャレでさまになっている。
この時、もし血圧を計ったらとんでもない数値であった事でしょう。
『いっぱい、いっぱいです!』て以前手術したときの麻酔師の言葉が思い浮かんだ。
緊張のあまり話してる事がとんちんかん…。なさけなィ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

ホテルのロビーにある喫茶コーナーでよしさん、『なんか飲みましょうか』で、よしさん昆布茶。
私は思考回路停止中なので同じ物としか言えませんでした。
んー、でもおいしかったなー(;^_^A アセアセ・・・

しばらく近況、パソコンの話など夢中になって話してたら、バーちゃん椅子に座ったまま寝ちゃった。
たいくつしちゃたかなー。バーちゃんごめん!

まずは2ショットの写真をかみさんに撮ってもらった。(ちょいピンボケ…)
20060627192542.jpg


さて、岩盤浴へ一同レッツゴー、でよしさん、『車で移動じゃないの?

以前こちらに来た時はからだのきつい人がいらっしゃった為車での移動だったのでしょう。
新玉川温泉から玉川温泉ロビーまでは約400Mから500Mくらいの距離で若干のアップダウンは
ありますが、バーちゃんにも歩けるし、ジーちゃんも運動不足なので歩いた方が良いと言う事で、
よしさんに大丈夫でしょうと話し、歩きだした。
散策路は新緑がまぶしく、木々の花が美しい。日陰の沢に近い部分には残雪が少しだけあった。
20060627192827.jpg

20060627193225.jpg

程なく右側に玉川温泉の湯治部、左にホテルのロビーと食堂を見ながらゆるい坂道を登る。
この付近から鼻を突く硫黄のにおいがしてくる。ああ温泉地なんだなと当たり前だが再認識する。
すぐに売店、公衆トイレと進み、岩盤浴をする散策路へと入って行きます。
残念ながらにおいこぶしの花は咲き終わっているらしく殆んど見られなかった。
その代わり新緑が荒涼とした世界にまぶしい。
左手に玉川薬師寺、放射線量が多く出ていると言われてる亀石を見ながら奥へと進んでいく。
私たち一家は昨日玉川薬師寺で手を合わせたのでま、今日はご勘弁をてな事にしました。

目の前に高々と湯気があがり、数組の人々がその前に座り込んでいる。ここが源泉の大噴。(おおぶけと読みます)
20060627210330.jpg

ここでよしさんすかさず地べたに手をあて『冷たくなったなー』近くにいた恰幅のいい人に
『この前の地震で冷たくなったんだねー。』その人うんうんとうなずいてた。一同で記念撮影。
20060627205123.jpg

さらに大噴の反対側にある通称すり鉢へ移動。ここはとむさんゆかりの地。文字通りの窪地。
真中には小さな噴気口があり、ゴザが乗せてある所を見ると、
ここで岩盤浴をしている人が蒸かし物をしている事が容易に想像できる。
よしさんはここで過去の記憶をたどる様に歩き回ってあちらこちら手で触り、表情が硬くなった。
20060627192628.jpg


つづきは左下の『もっと読む』をクリックしてねヨロシク(^○^)/




きっと昔、とむさんを囲むピノコファミリーを思い出してるのだなーと察しがつき、悲しい。
すり鉢をあとにテントのある場所へ移動ばーちゃんとジーちゃんはテントの中へ。
よしさんと私かみさんはテントのさらに奥側の小高い岩盤へ移動。よしさん、
『せっかくここへ来たのだから岩盤浴したいな』さて岩盤浴ポイント探し開始。
残念ながらかなりの高温でよしさん、『これじゃ低温火傷しちゃうよ』でさらに奥の地獄谷へ移動。
私は卵とにんにくの蒸かし物を作る為あっちこっちうろうろ。よしさんとかみさん仲良くゴザ敷いて岩盤浴。
20060627193123.jpg

蒸かし物をセットし15分程で、よしさん、『はらへったなー』バーちゃんたちもテントに
入って40分ぐらい。そろそろいいだろうと一同玉川温泉ホテルの食堂へ移動。よしさんは天ざる稲庭うどんがいいと、私はとむさん大好きだった稲庭うどん、と思ったが、てんぷらも食べたくて、てんぷら稲庭うどんを注文した。(´ヘ`;)
実にうまい!
20060627214850.jpg

20060627192736.jpg


再び新玉川温泉に徒歩で戻り、よしさん、『風呂もはいりたいなー』(^0^ゞ らじゃ
で恐怖の入浴タイム。私は相変わらず玉やられ源泉に2分とはいってられません。
よしさんもしきりに下半身を気にしてる様子。(~-~;)ヾ(-_-;) オイオイ...
打たせ湯に箱蒸し、なんかたのしーな(別にそちらの趣味はありませんよ((-_-。)(。-_-))イエイエ)
最後に隣り合った熱い湯、ぬるい湯に入り入浴タイム終了ー!

午後二時すぎ、ジーちゃんはまだ入浴中、よしさんとバーちゃん、硬い握手。
『パワー送ります!』さすがよしさん!
私とかみさん、固い握手をかわす。
さらに駐車場へ移動。よしさんからガンに効くりんごジュースをいただきました。『バーちゃんにね』と。

よしさんは愛車のコルトプラスに乗って颯爽と走り去っていきました。
20060627192810.jpg

よしさん、会いに来てくれて本当にありがとうございました。
最高の玉川温泉湯治になりました。また会って下さいネ!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
こちらこそ、いい思い出を
こちらこそ、ありがとうございました。
なんかこそばゆくなるコメントをいただき、恐縮です。
きっととむさんも天国で微笑んでいることでしょう。

ロビーでくりおさんが購入したとむさんの本を見せてもらい、かなり読み込んだ本だと思いました。
本当に出会わせてくれたことに感謝しました。

それにしても、よいご夫婦、よい家族だと思いました。
きっと子供たちも「毎日お祭り」のように育ってるんでしょう(笑)
【2006/06/28 08:26】 URL | よし #Mcrz3oGE [ 編集]


よしさん、ありがとーv-221

わざわざ会いに来てくれて、本当にうれしかった。

今回のバーちゃんの湯治、私にとって特別な物になりました!!

宝物の写真ありがとうございました!

またそちらに行く際はご連絡いたします。
【2006/06/28 18:29】 URL | くりおおじさん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kurioroom.blog71.fc2.com/tb.php/9-89e7671d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。