くりお Room!
ちょい思った事、考えた事、感じた事を書いていきたいと思います。 40半ばでのブログ、どうなるやら…。
FC2カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



プロフィール

くりおおじさん

Author:くりおおじさん
昭和37年生まれ一人親方の下請け屋さん。
鼻息でも倒れちゃう弱小自営業。いじめないでー!
神奈川県の米軍飛行場の近隣に在住。
妻1人、子供三人、デブヨークシャーテリア1匹。
俺もデブ。いや、氷河期に備えている。くるしー。
妻の母、乳癌で玉川温泉にポチポチ湯治に連れて行く。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉川温泉に思いを馳せる
秋も深まり、関東周辺も紅葉真っ只中、しかし紅葉も終わり初雪の便りを聞く玉川温泉は、現地へ向かう国道が夜間通行規制になりました。そして今月末には一般車両が通行止めになります。

私がこの玉川温泉を知るきっかけになったのは、自分が2年程前、首から顎にかけ蜂窩織炎(ほうかしきえん)という病気で膿が溜まり入院した時見たテレビ番組でした。こんなすばらしい温泉があるなら一度は行ってみたいなと心底思いました、具合が悪い時は特にそう思えたのかもしれません。しかし、関東からおいそれと行ける場所ではありません。
玉川温泉のサイトです。→http://www.tamagawa-onsen.jp/

その入院から二年と立たない今年、かみさんの母親が乳癌再発で玉川温泉行きを決意、
冬季閉鎖などまったく知らず予約を入れてしまったのですが幸運にも道路が開通する日だったので無事短期湯治することができました。初めての湯治で仕事の絡みもあり夜行、朝着、2泊がいっぱいいっぱい。帰りも昼過ぎ出発のほとんど夜行運転です。距離は片道700キロ弱。
行ってみての印象は 「恐ろしいほど痛い風呂」 でした。一日目はいいのですが二日目あたりからヒリヒリ痛いんです。
風呂の雰囲気も豪華ではありませんがでっかく、酸性の湯の為全て木で出来ています。
とにかく本物の「湯治温泉の場」あるいは「湯治の王道」と言う風格があります。

玉川温泉、市営駐車場から見る大噴方向、吹き上がる蒸気であたりは硫黄の匂いがする。
20061114214516.jpg

玉川温泉の源泉である大噴前。気管支、肺の疾患に効くと言われるスポット。
20061112185044.jpg

まだ一度も言った事のない方はなんだか恐ろしい温泉と思われるかもしれませんが、そんな事はありません。いい所ですよ。もしどっか温泉にと思ってる方、是非一度足を運んでいただきたいです。
関東方面からですと東北新幹線経由秋田新幹線、田沢湖下車そこからバス便です。冬季は車、乗り入れできませんので、電車がお奨めです。
もしどーしても車でとお考えなら、田沢湖駅周辺駐車場に車を止める事もできるようです。もちろんその先はバスですが…。
冬季はバス便がかなり少ないので最新の情報をつかんでください。
羽後交通㈱http://www.ugokotsu.co.jp/この会社のバスが玉川温泉まで運行しています。
さて、温泉の宿ですが、本家、玉川温泉がベストなのでしょうが、私泊まったことありません。すごい人気で、予約が半年先からなので予定が立ちません…。ですのでもっぱら新玉川温泉に泊まってます。お値段も関東から見ればリーズナブル。ネットなど空室状況を把握して予約可能ですし、直前でもどーにか泊まれます。もちろん同じ源泉で、風呂の作りも同じ。大浴場の横には室内岩盤浴が出来る設備があります。ふじみとむ。さんによればここで放射線測定した方がいて、結構有益な放射線量があったようですし、かみさんとバーちゃんが岩盤よくしてる最中も、測定器を持った女性が測定してたそうで、結構カリカリ放射線に測定器が反応していたようです。
またネットで検索したところ、新玉川温泉で宿泊して湯治をされた「玉川温泉紀行」もありました。 http://www.daitai.net/tamagawa.htm
新玉川温泉、内湯。(この写真はネットで拾った写真で私が撮った物ではありません)
utiyu.jpg

こちら新玉川温泉のサイトhttp://www.shintamagawa.jp/
ブナ玉のサイト      http://www.tamagawaonsen.jp/
いずれも本家さんから近くですが、冬季は近道の遊歩道が雪で通れませんので、もし大噴、或いはその周辺の岩盤浴をされる方はめったに経験する事が出来ない雪上車で送迎してくれます。(南極観測隊が使ってるようなの)
写真は「ピノコの部屋」の玉川温泉INDX中の一枚です。
image12019.jpg
ふじみとむ。さんの「ピノコの部屋」http://www.geocities.jp/pino55v/index.html

さて、ここからが重要!
玉川温泉はガンに効くと言われてます。しかし、ご存知の通り温泉の成分が体に浸透してガンをやっつけるのではなく、体を強烈な酸性の湯でに刺激して免疫力をアップさせ、それによって体内のガン細胞を縮小させる効果があるとされてます。
私もバーちゃんの湯治を見てその効果にビックリしましたが、温泉だけの効果ではなく、そこで真摯に湯治に打ち込む人達や、悲観せず明るく前向きに生きていこうとする人々によって自分の落ち込んだ気持ちを変えることができた事が、効果を上げるきっかけになったと思います。
ここで湯治するに当たって大事な事は、ガンに効くからちょっと行ってみよう、ではなく、何故効くか、どうすれば効くか、どんな経験談があるかなど予備知識を入れて、ここはすばらしい温泉なんだと自己暗示をかける事が重要です。そーすれば免疫力は上がり絶大な効果を期待できるはずです!
「信じる物は救われる」です。ある意味玉川温泉教みたいですけど、いいじゃないですかね。
興味を持ってる方は是非玉川温泉の書籍を買って読んでいただきたいです。アマゾンで検索すると幾つもありますが、大きく分類すると、学術的分析と考察の本、経験談的本、温泉入浴療法的本などです。どれもいい本ですが、私がお奨めするのは、
ふじみとむ。著「玉川温泉ガン闘病日記」です!
SANY0038.jpg

この本は玉川温泉での湯治のバイブルとも言える書で、湯治する者にとって絶対プラスになります。巻末には「ガン湯治マニュアル」やアクセス図、周辺案内図もあります。これ、他の本でないですよ!ほんとうにすごい!
若くしてガンと闘ったとむ。さん、そのブログをまとめた力作、是非購入して読んでください!

湯治の方法はいろいろその人によって違うと思うのですが、私はバーちゃんの湯治を通して感じた事は、短期間でもいいから(2泊ぐらい)極端に疲れない程度に湯治をして自分自身の免疫力のスィッチをONにする。ぶちゃけた話、なかなか経済的、時間的な問題で行けない方も多いと思いますので、スポットで湯治するのもグッドだと思います。
あと自分に合ってると思うサプリなど悪影響が出ない限りいいのかも。(でもお財布と相談してね…)バーちゃんもアロエベラとかなんだかわからない高額サプリやってます。でもそれが自分の体に効くと思えば免疫力は絶対上がってるはずです。要は自分で納得した物は全てやったほうがいいと言う事だと思います。

どーも相変わらず文章を書くのが苦手で何を言いたいか訳わからない文で申し訳ありません。
しかし、玉川温泉で湯治をし、ガンが少しでも改善がされる方が一人でもいてくれたらうれしいです。

最後にとむ。さんの本の一番最初にある大好きな一言を。

「どんな暗闇にも必ず光は射します。玉川温泉の地獄谷にだって当然光が射します。光が見えてくれば必ず明るい未来が開けてくるはずです。」  写真、ふじみとむ。撮影 image116113-1.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kurioroom.blog71.fc2.com/tb.php/80-fd2ace32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。