くりお Room!
ちょい思った事、考えた事、感じた事を書いていきたいと思います。 40半ばでのブログ、どうなるやら…。
FC2カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



プロフィール

くりおおじさん

Author:くりおおじさん
昭和37年生まれ一人親方の下請け屋さん。
鼻息でも倒れちゃう弱小自営業。いじめないでー!
神奈川県の米軍飛行場の近隣に在住。
妻1人、子供三人、デブヨークシャーテリア1匹。
俺もデブ。いや、氷河期に備えている。くるしー。
妻の母、乳癌で玉川温泉にポチポチ湯治に連れて行く。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉川温泉より無事帰還!
関東地方から玉川温泉はかなり遠い。
もし、本人、ご家族に玉川温泉湯治希望の方がいらしゃる場合、
公共交通機関を使うか、車で使うかよく吟味していただきたい。
しばらく車運転したくないー!
て、私の声。片道約700キロ、一人で運転はきつい。長距離ドライバーの運転手さん、本当尊敬申し上げます!
肩痛い、腰痛い、高速道運転で眠い。唯一楽しみはオアシス、
サービスエリア
私は東北道のSAが大好き、特にスナックコーナー派。それに
特設の出店。試食コーナーで『ウオーこれうまい、こっちもうまいぞー』とか家族でにぎやかにやってると、近くの人達も集まりだし、
俺は桜か?て思う時もあるぐらいにぎやかだ。
SANY0028.jpg

これは長者原SAのてんぷらうどん。サッカー、侍ジャパーンが予選敗退、とのニュースを見ながら食べた。悲しすぎるー!!

さて今回の玉川湯治は妻の母、バーちゃんの乳癌をよくしようと
前回にひき続き2回目で、諸事情により2泊3日、湯治はフルに
3日できるように考えていたが、なかなか予定通りいかないものです。
しかし、免疫力がアップするスィッチが入ればそれが一番。
無理して体調崩しては元も子もない。特にバーちゃん抗癌剤治療後なので、神経を使います。

1日目、朝到着後玉川温泉岩盤浴→日帰り玉川温泉→新玉川泊
2日目、玉川岩盤浴→新玉川
3日目、玉川岩盤浴→昼食後帰路


岩盤浴のスタンスは30分から50分を目安に岩盤にゴザを敷き
患部にびわの葉を当て体を暖め汗をかいて体の代謝を良くする。
結構悩むのがどのポイントで岩盤浴をするかという事。
散策路入口から程なくある大噴、いわゆる源泉が噴出してる所、
ここは蒸気とそれに含まれるラジウムがよいと言われてる。
ただし、ここは数年前の地震で地熱が感じられない様になってしまった。そしてとむさんお気に入りのポイントがこの大噴の背中側、
通称、すり鉢。残念ながらここも地熱が下がり暖かい範囲は
大幅に縮小してしまった。いずれも自然現象でしかたがない。

大噴で岩盤浴。わたしは蒸気浴の方が正しいと思う
20060627215335.jpg

以前絶大な人気スポットの通称、すり鉢。
SANY0042.jpg


この先、散策路を進むと露天風呂があり、さらに大きな3はりの
テントが見えてくる。
岩盤浴で一番メジャーな場所でしょう。ここは有毒なガスの溜まりやすい状況になるとか、放射線量が少ないなど効果の賛否が分かれてますが、雨の日、雪の日、夏の強い日差しを避ける為などその効果は
大きいと思います。
以前テントの周りをエンビパイプで覆い風よけを作ってましたが、
今年春先には農業用の黒いネットをはり通気性を良くしていました。
また今回は、夏に向けネットを完全に撤去して柱だけになったので
有毒がすは気にならないようです。これからのシーズン紫外線を
避ける為有用でた思いました。
テントに入らない人は上部や周りで岩盤浴。この付近相当温度が高い。
SANY0140.jpg

ここからさらに奥へ進むと通称、地獄谷といわれる場所に出る。
扇状地の様な地形で場所を選ぶと適度な暖かさで、岩盤浴をするには
良いが、有毒ガスがあちらこちらから噴出していているので、
風向きのに注意が必要です。
SANY0145.jpg


次に温泉入浴ですが、この温泉、チョーが付くぐらいの強酸性!
包丁など1晩つけて置くとぼろぼろになちゃう。源泉100パーセントの
湯は熱くはないが、5分もすると体中がピリピリ痛い。
どーも男女問わず粘膜など弱い部分がやられる。皮膚が強い人はいいが、皮膚の弱い人、擦り傷がある人、これらは耐え難いいたみを
伴う。すぐかけ湯をしないとどうにもならない。
私が思うに、入浴が苦痛な場合、蒸気浴がお奨めです。
ここの蒸気浴は高温の源泉の蒸気で部屋が満たされてますので、
これを吸い込む事により体内に温泉成分を多く吸収できると思います。

こんな事書いていたのでは、へたなガイドブックをさらに
悪くしたような物ですねー。m(*- -*)mス・スイマセーン
きょうはこの辺でご勘弁を!また明日、よしさんとの事を
中心に書きたいと思います。

美しい景色の八幡平高原
SANY0033.jpg


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kurioroom.blog71.fc2.com/tb.php/8-fe6ed1e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。