くりお Room!
ちょい思った事、考えた事、感じた事を書いていきたいと思います。 40半ばでのブログ、どうなるやら…。
FC2カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



プロフィール

くりおおじさん

Author:くりおおじさん
昭和37年生まれ一人親方の下請け屋さん。
鼻息でも倒れちゃう弱小自営業。いじめないでー!
神奈川県の米軍飛行場の近隣に在住。
妻1人、子供三人、デブヨークシャーテリア1匹。
俺もデブ。いや、氷河期に備えている。くるしー。
妻の母、乳癌で玉川温泉にポチポチ湯治に連れて行く。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受けちゃったアンテナ撤去作業
あるアパートのアンテナ撤去作業を受けてしまった。
当然一人では無理と考え、かみさんにスケット依頼。頼むぜ!
こんなのチョロイチョロイと軽口たたいたのも脚立組んだまで。
目の前に瓦の屋根見てあせった。
滑って登れない…。
こりゃーえらいの受けちゃった!実はこんな仕事初めて。若けりゃできるかも知れないが、
腹もでっぷりばっちり中年おじさん。それでも受けたからにはやり遂げるがポリシー。
かっこ悪いが、カエルのように瓦に這いつくばり何とかテッペンまで登りつめ頂部に座った。
しかーし、アンテナって目の前で見たらでかい!!
高さ2メーターぐらい、巾もかなりある。通常波とVHFの二本付いてて、重さもかなりある。
時折風が吹くと恐い。足は瓦のほこりですべり、踏ん張りがきかない。
アンテナをどうにか分解しそろりそろりとケーブルで下ろしかみさんに受け取ってもらった。
だが、ここからが問題!やっとの思い出登りつめた瓦屋根、降りるほうがもっと難しい。
実はここ三浦半島の斜面に立つアパート。脚立を立てた反対側はがけ。見ただけで目がくらむ。
てっぺんに座って下を見ながら、降りれるだろうか、消防のレスキューに電話しようか、
などと真剣に考えてみた。はっきり言って、ちびりそー。下にはかみさん。弱音はどーもなー。
だからと言ってここで無理するのは無謀かと思いながら、腹ばいになり
決して滑らないようにゆっくり降り始めた。
誰が見てもみっともない姿であろうが、それどころではない。本当に必死。
このビビリ様から察しの通り命綱などありません…。最高に恐かったのは、
最後に脚立に足を乗せ立たなければならないが、屋根の上からは脚立が見えない。
かみさんに右だの左だの指図を受け無事足が脚立に。
脚立に立ったとき、助かったーと心底ほっとした。脚立から降りると足がわなわな震えてる。
かみさんも心臓バクバクしてたと言ってた。さらに、もう受けないでよと一言。
もうー受けないぞ、アンテナ撤去作業。おーこえーこえー!!
20060802224245.jpg

<アンテナ撤去後の瓦屋根>
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

何回か同じ経験があります。
台風が近づいてる大雨の中、古い建物で雨漏りがすると連絡があり、シートを持って屋根に上り夢中になってシーとを掛けてしっかり固定(したつもり)して終わった後、下を見たら・・・・怖くて20~30分くらい屋根の上でジーとしてた事があります。

本当に上るのは何とかなりますが、降りるとき下を見ると怖いですね。
【2006/08/03 09:07】 URL | のぶし #- [ 編集]

お疲れ様です
写真で見たり、下から見るといけるかなぁって思えるんでしょうね
(^_^;)


登った屋根からの恐怖が伝わってきます・・・。

奥様のサポートがあったからこそ無事生還できたんですよ。
奥様に感謝ですねぇv-22




【2006/08/03 12:48】 URL | Hayate #9ddgPdqs [ 編集]

のぶしさん、こんにちは!
雨の降ってる中屋根登ったですか?
信じられないー!
ただでさえ滑る屋根に雨の日に登るとはつわものですねー!
私にはできません。確実に…。
実は私高所恐怖症。
手摺があれば何とかなるけど人が登るようにできてない屋根があんなに恐いとは…。
正直、今回ばかりは命の危険本当に感じました。
のぶしさん、本当尊敬します!!
でも、あんまし無茶しないで下さいね。
【2006/08/03 19:16】 URL | くりおおじさん #5lDNG.oQ [ 編集]

Hayateさん、昨日はキリ番、どーもです。
写真の建物、1階と2階の間に小さなひさしが見えると思うのですが、
その傾斜、45度くらいありますよねー。ゆるい傾斜のように見える2階の屋根も
同じ傾斜だったんです。登っていきながら上見ると空しか見えない。
何と言ってもつかまる物がない。く(""0"")>なんてこった!!
こんなに恐いとはおもいませんでした。想像以上でした。
実はデジカメ持って登ったのですが、写す余裕まったくなし。
無理してでも撮ればよかったかも、トホホです…。
瓦屋根の真中にスジのように色が違うところがあるのわかりますよね、
これ私がナメクジのように昇り降りしたところ。
もし、かみさんいなかったら…。今頃3面記事の隅っこに載ってたでしょうね。確実に!
今日になって胸とか変なとこが筋肉痛、力が入ってたんでしょうね。
私にはこの手の仕事受ける事ができない。<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!
【2006/08/03 19:41】 URL | くりおおじさん #5lDNG.oQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kurioroom.blog71.fc2.com/tb.php/41-61e4d54a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。