くりお Room!
ちょい思った事、考えた事、感じた事を書いていきたいと思います。 40半ばでのブログ、どうなるやら…。
FC2カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



プロフィール

くりおおじさん

Author:くりおおじさん
昭和37年生まれ一人親方の下請け屋さん。
鼻息でも倒れちゃう弱小自営業。いじめないでー!
神奈川県の米軍飛行場の近隣に在住。
妻1人、子供三人、デブヨークシャーテリア1匹。
俺もデブ。いや、氷河期に備えている。くるしー。
妻の母、乳癌で玉川温泉にポチポチ湯治に連れて行く。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉川温泉プチ湯治、No,3 最終日
7月30日、玉川温泉最終日。
明け方3時過ぎ目が醒めてしまった。

あー!いかん!昨夜あの偉大な温泉に入りそっけた…(||||▽ ̄)

早々にしたくして大浴場に、あたりは真っ暗、明け方と言うより真夜中である。
携帯を忍ばせ浴場を撮影するが暗すぎて訳がわからない( ゜_゜;)
それでもどーにか撮影、かみさんの写真もいただいてアップします。
20070811194308.jpg
まずかけ湯、これ大事です!湯に浸かる前、浸かった後しっかりやっとかんと苦しみます…(゚゚;)
20070811194624.jpg
100%源泉はど真ん中にあり湯はかなりぬるめ。
しかしあなどるなかれ、ピリピリ、ヒリヒリ、カイカイはダントツ!
私は恐くて仕方ないのですが、誰もいない源泉を独り占めは最高!
できれば歴代のつわもの達と会話しながら入りたかったなー(;_ヘ)ウルウル
20070811194607.jpg
見上げれば重厚な木造の柱や梁が。 効くー玉に…(゚_゚;)
そーだ、とむさん流呼吸法、結構痛みの緩和に役立ちます。流石!
20070811194538.jpg
昨年までは飲泉場にはプラスチックのコップが置いてありましたが今年使い捨てのプラスチックコップに切り替わっていました。おそらく衛生面を考慮したのでしょう。
それ以外にも衛生面では配慮が見られました。
20070811194638.jpg
20070811194041.jpg
レジオネラ菌検査証や各所に手洗い用消毒液があります。
20070811194340.jpg
そしてこれが新玉川温泉の岩盤浴風景です!
ここ、この温泉でもっとも重要な場所の内のひとつです。
写真はかみさんがバーちゃんを撮影した物です。決して私がこっそり入って撮ったものではありませんよー(゚▽゚;)
写真には撮れませんでしたが「蒸気浴」一般的にサウナなんですが、ここのサウナは他と訳が違います。通常ヒーターで高温にするのですがこちらは椅子の下に源泉が流れその高温の蒸気で部屋を暖めています。つまり温泉の成分が肺に直接入るのです。こんな素晴らしいサウナは他にはありません!
ただし、強酸性の蒸気ですから出てきたら口をゆすいでください。
歯が溶けちゃいますよー!マジで(゚_゚;)

20070811194009.jpg
入浴中に1枚パチリ、携帯壊れないか心配でした(^_^;

大浴場を後にしてフロントのある玄関で一休憩、ここには自由に飲める天然水が置いてあります。
20070811194103.jpg
今日ばかりはビール飲んじゃったらひっくり返りそうなのでパス。
20070811194706.jpg
あー、ビールだったらうまかんべーなーo(T^T)o

一息ついて部屋に戻り三々五々風呂に向かったバーちゃんとジーちゃん。
帰って来る頃ちょうど朝食タイムとなりました。
玉川温泉、新玉川温泉ともに朝夕食はバイキング、若いお客さんが少ない事もありあっさり味の山菜や魚料理が中心。しかし決して見劣りするような物ではありません。
健康に配慮され、私たちの世代があまり食べる事のない料理が出ますので大満足!
しばらくこの料理だけと言われると辛い物があるような気もしますが…(゚O゚;;
20070811194129.jpg

20070811194141.jpg


朝10時にチェックアウト、荷物を車につめて再び散策路を玉川温泉の方向へ。
バーちゃんたちは岩盤浴、私とかみさんはしばし大噴前で蒸気浴。
昨年冷たかったこの付近の地べた、若干暖かくなりました。
20070811194247.jpg
地球は常に変化している物だと感心しきり。
しかし通称「すり鉢」と言われるかつての人気スポットは暖かい場所が減ったままで人がまばらで寂しい限りです。
20070811194510.jpg


バーちゃんたちが岩盤浴をしている間昨年ひさゆきさんと神がかり的遭遇したポイントに。
20070811194457.jpg
ひさゆきさんのあの温かい手、神様のような手、あー悲しい(ρ°∩°)
4.jpg
今は亡きひさゆきさんと昨年7月23日。

そしてある末期がんの方とお話いたしました。この方S字状結腸がんから肝臓、肺、さらに他の場所にも転移し尚且つ糖尿病でどこだか忘れましたが悪くて抗癌剤が使えず医者から余命宣告を受けたそうです。
しかし明るく「ここに賭けた!」と数ヶ月湯治しているそうです。
そして手に持っているのは放射線測定器。あっちだこっちだ計りまくったそうです。
20070811194443.jpg
この方が持っている測定器は↓です。
http://www.geigercounter-shop.com/
現在北朝鮮の問題などで入手が容易ではないです。下手すりゃー購入してスパイ扱い覚悟です。

結論から言えば岩盤浴のテント付近、地獄谷は皆無だそうです。
この付近で一番強い反応が出るところはやはり玉川神社前の亀石付近。

そして一番強い場所は「新玉川温泉の岩盤浴場」だそうです!

なんでもこちらの社長と仲良くなったとかでいろいろ教えてもらったそうです。
詳しくは公にできませんがこちらに湯治にいらっしゃる方は是非この辺を覚えておいて下さい!

岩盤浴を終え玉川定食をいただきました。五石米つき蕎麦、実に美味でした。
20070813033703.jpg

昼食後再び新玉川温泉へ。宿泊していた人は無料の入浴券をもらえますので何度でもその日は入浴可能なんです。
私が大好きな「熱湯」にどっぷり長風呂。温度は46℃ぐらいでしょうか。
あの熱さでピリピリするのがたまりません(^m^ )クスッ
週に2度ほどピリピリするぐらいの熱湯に入るとNK細胞が活性化して免疫力アップになると言う説もあるそうで是非実践してみては(^_^)

そうこうしている内に夕方3時を回り帰路につくことに。
これからまた650キロ、睡眠時間がまる3日間で10時間ほど…居眠り運転が恐ろしい。
やはり途中眠気に襲われ何度かサービスエリアになだれ込んで仮眠。
我家に帰ったのは翌朝明け方3時でした。
全走行距離1640キロあまり、なんとも綱渡りのような旅行でした。

今回の旅行は津軽の皆様、特によしさん、KE-KOさん、そして集まっていただいたたっくさん、サトちゃん、となっ!さん、美雨さん、viviさん、なるちゃんのおかげで最高なものになりました。
皆さんで出会えた事に「感謝」の言葉しかありません。
本当にありがとうございました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
懐かしさが…
いやー、よくまとめてアップしました。
ついこの間なのに、かなり懐かしい気がします。
本当にこちらまで足を延ばしていただき、感激でした。
また、どこかで楽しくやりましょ。。。
【2007/08/13 09:39】 URL | よし #Mcrz3oGE [ 編集]

よしさん、こんにちは~!
一夜漬けのブログでお恥ずかしい限りです(^_^;
昨晩書かないと書く機会を逸する為必死でした。
追い込まれると何とかなるもんですねーv-13

そちらまで遠征して最高の思い出を作れました。
また機会を作ってお邪魔させてくださいv-221

今年の夏、ひとつ良い思い出を作ることが出来ましたv-218
ありがとうございました~!
【2007/08/13 10:43】 URL | くりおおじさん #5lDNG.oQ [ 編集]

素敵な旅でしたね。
コメントが遅れました。。。
すごいですね~玉川って。
私も父を連れて行きたかったです…。

充実した旅、本当によかったですね。
私も旅したいな~。
【2007/08/16 22:44】 URL | どらまま。 #DqncxVvw [ 編集]

どらままさん、こんんちは~(^_^)
見に来てくれてありがとうございます。今回予想以上にすばらしい旅をする事ができました。

どらままさんもお父様に希望の光をとお考えになったことでしょう。
私も父が生きているうちにここの温泉を知っていれば速攻で連れてきました。
父の病気がわかったのが今から20年ほど前、今ほど医療の現場がオープンではありませんし
どーすればよいかわかりませんでした。西洋医療に見放されたあとただ死を待つだけでした。
悔しいし悲しい、親孝行したくてもどーにもなりません。

どらままさん、あとちょっとですね(o^―^o)
無事に出産ができますよう祈っております。
暑いですから水分補給などしっかりしてお体お大事にしてください。
【2007/08/17 14:12】 URL | くりおおじさん #5lDNG.oQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kurioroom.blog71.fc2.com/tb.php/130-5e17d241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。