くりお Room!
ちょい思った事、考えた事、感じた事を書いていきたいと思います。 40半ばでのブログ、どうなるやら…。
FC2カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



プロフィール

くりおおじさん

Author:くりおおじさん
昭和37年生まれ一人親方の下請け屋さん。
鼻息でも倒れちゃう弱小自営業。いじめないでー!
神奈川県の米軍飛行場の近隣に在住。
妻1人、子供三人、デブヨークシャーテリア1匹。
俺もデブ。いや、氷河期に備えている。くるしー。
妻の母、乳癌で玉川温泉にポチポチ湯治に連れて行く。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「静岡がんセンター」乳腺外科に物申す!改善してくれー!!
いや~恐れ入ったよ!!

こんなひどい対応をする静岡がんセンターの乳腺外科!!


前回の『「静岡がんセンター」乳腺外科に物申す!やっぱ変わってねー!!』にももさんから詳細なコメントをいただきました。
もーまるで無法地帯!!
そういえば以前は看護士さんと医師が絶妙な息で治療や処置をしていましたが
転院する前ぐらいには医師が看護士を顎で使うようにしていていやーな雰囲気でした。
患者も女性なら看護士も女性、医師だって女性なんだからもう少し痛みを感じて診察してもらいたいです。

ここで県立静岡がんセンターのホームページから基本理念、基本方針を写してみました。
この素晴らしい理念と約束を守って欲しいもんです!!
静岡県立静岡がんセンターのホームページね

     病院の理念                乳腺外科の理念(私の主観)
基本理念:患者さんの視点の重視・・・    医師の視点が重要でしょう~当然!
          ↓
患者さんへの約束   
  (がんを上手に治す)・・・         高度医療で効果ある手法の短縮
  (患者さんと家族を徹底支援する)・・・ 患者に暴言、家族排除!
  (成長と進化を継続する)・・・      患者モルモットかー(゚Д゚;
          ↓
基本方針(10項目)
  最善の医療の提供・・・         患部を診ない、すぐ町場の薬局や病院を勧める、
                         患者から言わないと投薬など忘れる。これが最善?
  心通う対話に基づく全人的医療の実践・・・対話不要、患者は言う事を聞けばよい。
  充実した緩和医療の提供・・・      さて、受けたことがないから未知の領域
  患者参加型医療の推進・・・       患者ー?「そんなの関係ね~!」ですか…
  患者さんや家族に学ぶ姿勢の堅持・・・  家族は外に、ややっこしい事は持ち込まないように。
  科学的探究心尊重・・・          患者サイドからはあまり感じない、ほんと!
  継続した経営努力・・・          患者流出で大ピンチ!どうすんだー?
                          私が心配しなくても言い、どーもすいません。
  地域医療への貢献・・・          全く頭の隅にもなさそうだが…
  県がん対策推進拠点としての活動・・・ そんなことどーしてできるの?無理!
  ファルマバレープロジェクトの推進・・・  論外

静岡がんセンターのお偉い方~!お願い!

患者さんが大勢泣いています!!

一日も早い改善をして下さいー!!




スポンサーサイト
「静岡がんセンター」乳腺外科に物申す!やっぱ変わってねー!!
すっかりご無沙汰しているあいだにとんでもないコメントをいただいておりました。
『「静岡がんセンター」乳腺外科に物申す!Part、3 激怒編』にももさんから8月1日のコメントです。

『はじめまして!
私も、静岡がんセンター乳腺外科の患者です。
担当医は代わってないんですが、最初からとても信頼できる医師ではなく
毎回の診察が苦痛です・・・
検査をしたのがいつとか、薬は出すのかとか全部こちらから言わないと
忘れてるんです
同じ医師でしようか?
月金担当の2番の診察室の先生なんですけど・・・
できればセカンドオピニオンしたいんですが
いろんな事情で、病院を代えるわけにはいかないので
担当医が辞めない限り、ずっと同じだと思います
確かに忙しいだろうけど、忙しいのは理由になりませんよね!!』


静岡がんセンターの乳腺外科~!!

全然変わってねーじゃーねーかよー!!!

ももさんの担当医は我家のバーちゃんとは異なる医師、まー2人しか乳腺外科の先生はいませんから
『どんだけー!』の状態です┐(-。-;)┌
ももさん担当のT先生のおうわさは前任の医師から聞かされよ~く存じ上げております。
鼻だけは雲の上にあるお方のようです。

先日も以前の担当医が知り合いの炎症性乳癌の女性に
『抗癌剤のハーセプチンは2年使用するといい結果が出るそうね、
あなたは1年やったからもういいわね』


はぁ~!!
あんた1年と2年の差もわからんのか!!


それとも他の抗癌剤のデータでも欲しいのかー!!

いー加減この人間性のない治療何とかしてくれー!!

結局中央の病院から弾き飛ばされた1匹狼の吹き溜まり。
患者のための治療をせず乳癌早期発見啓発活動での売名行為。
退官した2名の乳腺外科の先生はもっと熱心、もっと患者よりだったぞ!!
静岡県はさーびろ~んって横長で沼津から浜松までおまけに山間の南アルプスも含まれる。
その割りに大学病院も少なく医療の狭間になってるんです。
これじゃー静岡県人は報われないよ。

医療は医師、病院のためにあるのではない!

患者の為にあるものだ!!
 


ももさんを含め多くの方が治療の為命を託しています。
できる限りよい治療、よい結果が出ることを同じがんを持つ家族として願わずにいられません。


ももさん!上を向いて治療していこうね(^_^)
セカオピもありかもしれません!

ご家族とよく相談して『よろず相談』に行くのも手です。ちょっと頼りないですがねー(゚_゚;)

最後にバーちゃんが転院を決意し担当医師に診察の改善を強く望んだ回答書が4月の下旬届きました。
これを担当医師と私たちの名前だけモザイクして掲載いたします。
さて『よろず相談』さん、これが強く病院側に打診した回答なんでしょうか。

呆れます!
県立静岡がんセンターからの回答書No1
静岡県立がんセンターからの回答書No2






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。